リピーターがガンガン増える魔法の言葉!あなたの想いと感謝を伝えてファンをつくりだせ!!

営業職研究所のつぶやき
Thank you sticky note with multiple colored adhesive notes on bulletin board

こんにちは!営業職研究所です!

突然ですが、先日、千葉県の長生村が、ふるさと納税において、村のランキングで納税額が1位になったというニュースが参考になりました。是非、ご一読ください。

本日は、こんな方へ向けて書いてみました。

・売上を伸ばしたい
・お客様に喜んでもらうと嬉しい

長生村が一番になった理由

ふるさと納税で、千葉県長生(ちょうせい)村が、初めて全国の村で1位になりました。返礼品がよほどいいものなのか!?と思いましたが、そうではありません。返礼品は、あくまでも地場産のお米やそばなどで、目新しいものは一切ありませんでした。

では、なぜ1位に昇りつめたのか?

答えは、村長の地道な営業です。

この長生村のふるさと納税は、リピーターが圧倒的に多いです。理由は、村長直々に、納税者に電話をかけ「感謝」を伝えているから。そしてお礼とともに、村の豊かな自然をPRする。電話を切る時には「来年も寄付します」と言ってくれる人が多く、75%がリピーターになっているそうです。

この地道な努力により、全国1位になったのです。

誰でもできることを愚直にやり続ける。この姿勢は大変参考になると思います。

『ありがとう』を伝える意味

村長から直々に『ありがとうございます』と電話がかかってきたら、嬉しいですよね。ありがとうと言われて嫌な気持ちを抱く人はいないですよね。

それだけ、『ありがとう』という言葉の価値は高いと思います。

仕事をしていて、自分が言われたら非常に嬉しい言葉です。だからこそ、自分自身、「ありがとう」は意識的に伝えるようにしています。その一言を伝えるだけで、嬉しい気持ちになってもらえるのではないかと思います。

そして、感謝は心の中で思っていても、相手に伝わっていないことは多々あります。是非、言葉に出して『ありがとう』と伝えてみましょう!

このたった一言、たった一つのセンテンスで、未来が劇的に変わる可能性があるのです。

共感を生むこと

村長から学ぶことは、もう一つあります。

それは、自分の思いを伝えること。

この場合、村長は村の自然などをしっかりとPRしています。九十九里浜に面した豊かな自然があって、この自然を守っていきたい、ということを伝えています。

これを聞いた人はどう考えるでしょうか?『応援したい』とか、『自然を守りたい』などの、共感が生まれるのではないでしょうか?

これは、仕事でも活きるものだと思います。お客様に共感することが必要な一方で、自分の考えにお客様から共感してもらう。そして自分のファンになってもらう。そうすることによって、お客様とより足並みを揃えることができます。

是非参考にしながら、行動に移してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました